上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ入梅しそうな週間予報になってきました。
初夏の青空がいつまでも続くような気がしていましたが、
それが錯覚でしかないことはよくわかっています。
長くうっとおしい梅雨もまた、かけがえのない自然の恩恵です。
今日、明日の貴重な晴れ日に、馴染みの海へ、
しばしのお別れを告げに行くとしましょう。

2011年 6月19日 14:00 多田海水浴場 22.8℃

IMG_0016_convert_20110619214914.jpg

テトラ周りの褐藻は倒れ始めています。
水面まで先端が届いていたのに、幾分背が低くなっています。

IMG_0017_convert_20110619212802.jpg

毛の薄くなった頭皮のように、褐藻の株元が透けて見えるようになりました。
こうしてみると、ガラモ場では、陸上の森と同じ現象が起こっているのがよくわかります。
うっそうとした森では、樹冠が日光をさえぎるので、
林床は他の植物が生えにくい環境になっています。
褐藻の根元も暗くなってしまうので、動物にはかっこうの住処に違いありませんが、
他の海藻にとっては好ましくない場所のようで、岩肌がむき出しになっています。

IMG_0041_convert_20110619213438.jpg

褐藻の根元には夏越し用の短いシュートが密生しています。
長い生殖枝は、梅雨に入ると波にもぎとられ、潮にさらわれていきます。
千切れた生殖枝の一部は、気泡のおかげで水面に浮き上がり、漂流します。
このような藻の切れ端は「流れ藻」と呼ばれます。
流れ藻はしばしば、幼魚などの小動物の生活の場となります。
小さな小さな方舟です。

北東風が強く、テトラの内側に潮目が走っていたので、
佐渡ではフクラゲなどと呼んでいる小さなブリが、アマモ場を回遊していました。
そのせいか、時期はずれの海水浴場などでは、
わりと悠然と停滞している小アジの群れが、せわしなく逃げ回っています。

砂底にはたくさんのネズミゴチを見かけます。
和木や平沢でも見かけたキスの群れは、
いくらかばらけて、単独行動の予備段階に入ったようです。
トランプをばらまいたように、小さなカレイの幼魚もちらほら見えます。
これはけっこう、目が慣れないと、見つけるのは難しいかもしれません。
下のものはウシノシタの幼魚だと思います。いわゆるシタビラメです。

IMG_0026_convert_20110619213017.jpg

カレイほどの機敏さはなくて、のそのそと、
波紋の凹凸を舐めるような感じで乗り越えて移動します。

防波堤際の岩の上に、ここでもやっぱりウミゾウメンが生えています。
ウミゾウメンが生えるよりも浅瀬で、物理的にもう少し過酷な潮間帯は、
タマジュズモに覆われていました。

IMG_0052_convert_20110619213932.jpg

透明の緑色のビーズが連なっているように見えます。
このビーズの一粒ひと粒が、1個の細胞で、肉眼で見えるほど大きいのです。

IMG_0036_convert_20110619213126.jpg

さて、梅雨が明けて次に来るころには、
“時期はずれの海水浴場”などという、しょんぼりしたレッテルは返上したいところです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/61-8b8cc31c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。