上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.19 No water , No life
枯れることのない清水、などと申しますけれども、
この夏の日照りで、いつも冬場、頼みにしております水源が、
ついに枯れてしまいました。

山の家の水道は、下の沢の湧き水からポンプで上げているのですが、
寒さが厳しくなると、その途中が凍ってしまいます。
こうなるとどうしようもないので、毎日ポリ缶に水を汲んで、
家の脇の貯水タンクに給水してやらねばなりません。
仕事の帰り道に、ちょっと車を停めて水を汲めるので、重宝しておりました。

集落の中では、どこよりも水量があって、頼もしく思っておりましたのに、
いつの間に枯れたものやら、夏の間は忙しくしておりましたので、
はっきりとはわかりません。
ところが、雨が降るようになってからも、
いっこうに水が戻ってくる気配がないのです。
地下水の流れが変わって、本当に枯れてしまったのかと気をもみました。

雨がちな秋がそのままに過ぎ、10月も後半に差し掛かったころ、
道路を横切るように流れる水の跡を、ヘッドライトが照らし出したときは、
心底ほっといたしました。

雨が降りはじめてから2か月余りが過ぎていました。
山がいったん水を失うと、回復するのに、
こんなにも時間がかかるのだということを、
身に染みて思い知らされました。

IMG_0658_convert_20160118000335.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/643-77754c6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。