上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シラウオの季節になりました。
直販所に並んでいたシラウオが、
まだ生きてにゅろにょろ動いていたので、思わず衝動買い。

IMG_2180_convert_20160330114257.jpg

美しいですね。春のみずみずしさそのものです。
佐渡で一般にシラウオと呼ばれているものは、シロウオのようです。
シロウオはハゼ科の魚で、よく知られていることですが、
幼魚のように見えるこの状態が、成魚です。
春、産卵のために、海から川へと遡上します。

今回買い求めたものは、両津だったこともあり、
加茂湖へ注ぐ川の上流で獲れたもの、とのことでした。
このごろはどこでも獲っとるけも、もとは国仲の食いもんだがさ。
シロウオを洗いながら父がつぶやきます。

国仲ではシロウオ漁は四月の風物詩です。
国府川という海に集まる、支流の河口付近などが漁場になっています。

IMG_0104_convert_20160330114826.jpg

四手網(ヨツデアミ)によるものが、全国的に見て一般的なようです。
これは国府橋よりも下流です。

IMG_0081_convert_20160330114753.jpg

小倉川の合流点では、流れを絞って網に誘い込む作戦です。

IMG_0082_convert_20160330114810.jpg

白い漏斗状のものが網です。
シロウオを狙ってるのは、人間だけとは限りません。
朝方、新保川の合流点には、シラサギなどが集まっていることがあるのですが、
これもシロウオが目当てなのではないかと思います。

さて、せっかくの旬のご馳走ですが、
わたし、踊り食いというのは、
いくらなんでも無粋な気がするのですけれど、
いかがでしょう。
だって味もへったくれもないじゃあありませんか。

生きたシロウオを、豆腐と一緒に煮ると、
熱がってみんな豆腐に逃げ込むと聞きましたけど、あれは本当かしら。
今回は卵とじとパスタにいたしましたが、独特の生臭さがありますから、
シンプルに揚げていただくのがおいしいように思います。
シロウオのかき揚げそばとか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/660-5b1d3dca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。