上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オフの土曜日、北小浦の港内に入ってきました。

この港内は、おもに講習などに使っています。
お客様を連れてビーチを楽しむには、少々味気ないので、
仕事で使う機会は多くありません。
春から初夏にかけては、他では見られない小さなウミウシが湧くので、
機会を設けて、オフの楽しみにしています。

IMG_2125_convert_20160408115022.jpg

折しも春濁りの真っ盛り。
港内の大型褐藻は水面に達し、古代神殿の柱のようにそびえています。
底質はやや泥っぽく、夏にはウミヒルモの草原が出現するのですが、
現在はまったく見当たりません。
ウミヒルモは、17mよりも深場では、まれに数枚の葉が残っていることがあるのですが、
浅所では冬は消失するようです。

・カ・暦スス・キ・セ・懶セ€_convert_20160408115438

このような泥っぽい海底を好むキセワタガイが早速登場します。
カラスキセワタは、その名の通りカラスの濡れ羽色。

・カ・会スコ・キ・セ・懶セ€_convert_20160408115457

カノコキセワタは鹿の子模様が特徴です。
この2種は大きさや生息環境、発生時期が似通っています。

・ア・ス・橸スキ・ウ・撰スウ・シ_convert_20160408115521

アズキウミウシも、波の穏やかな泥っぽい環境ではよく見かけるようです。
ただし、そうでない外洋にも生息しています。

・ス・撰スソ・橸セ抵スキ・・セ奇セ€・橸スウ・撰スウ・シ_convert_20160408115731

砂の上をのそのそ移動中の小さな黒いウミウシ。
5mm程度でしょうか。こちらも見事なカラスの濡れ羽色です。
ずんぐりした体型、小さなエラなど、
全体の雰囲気はキヌハダウミウシの特徴を示しています。

南西諸島で知られているスミゾメキヌハダウミウシに非常によく似ています。
このウミウシは、驚くべきことに、
ハゼのエラを食料にしている偏食家で、
背中に乗っかっている姿も多く写真に収められています。
ハゼの住む穴から穴を移動しながら暮らしているのだとか。

スミゾメキヌハダウミウシは、比較的新しく認識された種のようなので、
佐渡に生息していても不思議はないように思います。
泥底を好むスジハゼなどの穴を渡り歩いているのでしょう。

今回は見かけませんでしたけど、これからゴールデンウィークにかけて、
モウミウシなども豊富に出現します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/661-1d3adca9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。