上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月7日が新月で、7日未明の満潮時が、
今年のホタルイカの接岸のピークだったようです。

7日は明け方から雨の予報でしたから、
6日の深夜に身投げが起こるだろうというのがわたしの予測でした。
23時すぎに両津港の南防波堤へいそいそ出向いたものの、
影も形も見当たらず、その夜は当てが外れたものとばかり思っておりましたが、
翌7日の9時過ぎになって、
未明3時ごろ、今季最大の接岸があったことを知りました。

7日、降り出した雨の中、海藻に絡んで残ったホタルイカを拾い集めながら、
翌朝に集められるくらいなら、何時にピークが来るにせよ、
夜明け前に来てみれば、ひとつやふたつは確実に見られただろうと思って、
歯がゆい思いをいたしました。

ホタルイカが接岸した朝はいわば無礼講で、
他に急ぎの仕事がなければ、拾いに出てもいいのが、
会社の暗黙の了解になっている(らしい)ので、
今年もお留守番組が2人で取りに行って、
なんだかんだで500杯前後は集めましたから、
けっこうな数が寄ってきたのだろうと思います。

IMG_2251_convert_20160407135741.jpg

従業員が多いですので、ひと家族あたりは20杯程度にしかなりません。
佐渡産のホタルイカは、なかなか市場には出回らないので、
贅沢なまかないです。

IMG_2254_convert_20160411134459.jpg

半分は、帰りに寄ったスーパーで、偶然見かけて買い求めた、
行者ニンニクの葉と一緒に炒めていただきました。
もう半分はさっと湯がいてわさび醤油でシンプルに。
ホタルイカって、こんなにおいしかったかと、
目が覚めるような心地がいたしました。

ホタルイカの目の白い芯の部分を、取り除くとよいと、
テレビで申しておりましたので、面倒とは思いながらもやってみたところ、
このひと手間がものを言うようです。
卵焼きに、ちょっとでも殻が入っていると、
おいしさが八割減になるのと同じでしょうか。

一年に一度だけのご馳走を、
皆さんで分かち合えたという達成感はあるのですが、
この小さな深海からの春の使者が、
闇夜に光る姿を、いつかはこの目で見てみたいものです。

8日は雨の影響が強く、週末の9日、10日も出現しませんでした。
今回の身投げはこれで終わったのだろうと思います。
ホタルイカは、月明かりを頼りに方角を見定めるため、
新月の夜に身投げが起こるという説が比較的信じられていて、
この説に従うなら、雲っていて月の見えない満月の夜でも、
小規模にせよ、接岸が起こる可能性があると考えるひともいます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/663-8cdaf31e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。