上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タラの芽のことを、我が家では「タランボ」と呼びますが、
この呼び名は佐渡ではあまり使われないのか、
しばしば聞き返されます。

タランボの「ンボ」は、ツクシンボとか、甘えんぼとかの「ンボ」と同じもので、
「~の坊」という意味だろうと思います。
ガガンボや、アメンボなんかの「ンボ」も、同じ語源でしょうか。

店先で売られているようなタラの芽を見ますと、ようやく葉先がのぞいたか、どうか、
というぐらいのものが多いようですが、それが一般的なのでしょうか。
我が家では、開き切ったくらいのものを収獲するのが普通です。

IMG_2708_convert_20160509152546.jpg

これを、根本が柔らかくなるくらいに、わりとしっかりと湯がくと、
棘も気にならなくなるので、ぎっちり絞って、
ざくざく切って胡麻和えにするのが定番です。

IMG_2572_convert_20160509152622.jpg

砂糖と味噌と胡麻で和えるだけ。
父曰く、醤油ではなく味噌を使うのがコツなのだとか。
ほろ苦い春の味です。

子供のころから、タランボ料理と言えばこの胡麻和えでした。
それほど強い苦みではないのですが、子供の舌には苦手で、
わたしはもっぱら天ぷら党でしたが、
最近は、春になると懐かしいこの味が恋しくなります。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/669-a400b803
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。