上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 7月14日 12:00 二見元村 27.4℃

IMG_0505_convert_20110716213707.jpg

海藻の茂みの中に、なぜだか白いお腹を見せている小魚がいると思ったら、
別の大きな魚にぱっくり、くわえられてしまっていました。
捕まえたほうの魚は、こちらへじろりと、にらみをきかせています。
誰だったか、肉食性の魚はやっぱりきつい顔つきをしている、
と言っていたのは、本当にそうだと思います。

テトラポットの旅に戻りましょう。
岩などの、オーバーハングになった陰の部分には、日が当たらないので海藻は生えません。
日光が必要ではない動物にとっては、そこは格好の空き地です。
二枚貝などは少なくて、カイメン類がよく発生するようです。
このカイメンを主に食べているのがウミウシたちです。
巨漢のアメフラシは海藻食なのですが、
小さな宝石たちは、けっこう獰猛な肉食性なのです。

IMG_0549_convert_20110716215300.jpg

二見で最もよく見かけるのはシロウミウシです。
カイメンに群がって、お食事中の場面に遭遇することも少なくありません。

IMG_0591_convert_20110716221437.jpg

アオウミウシも普通種です。でも今日は、あまりにもシロウミウシが多かったので、
なんだか特別な生き物を見た気分。
同じ種類のウミウシが、ひとところにたくさん集まっていることはよくあります。
カタツムリが這ったあとの、ねばねばした粘液のようなものを、ウミウシも出していて、
そこに匂い物質が含まれているので、あとからあとから同一種が追いかけてくるのだとか。

IMG_0520_convert_20110716214129.jpg

キヌハダウミウシ。鮮やかな黄色ですが、
単色なので、ウミウシとしては地味なほうかも。

IMG_0511_convert_20110716213847.jpg

ジボガウミウシ。同じ単色でも、輝くような純白は目に鮮やかです。
このウミウシはそれほど普通には見かけません。
昨年、初めて二見で遭遇して、すぐさまカメラを向けたのですが、
まさかの電池切れで悔しい思いをしたのです。
今回再会できたのは幸運でした。

これらのウミウシは、お尻のほうに丸い可愛らしい王冠を戴いているのが特徴です。
王冠の正体はエラです。呼吸を行う大切な部位ですから、
びっくりしたときなどは、すぐさま体の中に引っ込めてしまいます。

IMG_0564_convert_20110716220044.jpg

ホウズキフシエラガイです。
七浦海岸ではよく見かけます。エラは体の横側にあります。
体内に薄い貝殻が残っている、巻貝に近いタイプのウミウシです。

IMG_0580_convert_20110716221331.jpg

サクラミノウミウシは初めて見ました。
青白いような白色のミノに、内臓が透けている体は淡い朱鷺色です。
ミノウミウシのミノは、全体がエラです。
ここは、大切には違いないのですが、とっさに隠すことが出来ないので、
簡単に千切れる構造になっているようです。
これだけたくさんあれば、何本かなくなっても、どうってことはないでしょう。
逆に、ミノを犠牲にすることで、本体は逃げ切れるかもしれません。
もっとも弱い部位を、弱さゆえに強みにかえているのです。

IMG_0548_convert_20110716214753.jpg

これは、番外編。シロウミウシによく似ていますが、やけに平べったい体ですね。
あの特徴的な王冠も見当たりません。縁取りの色彩にも違和感を感じませんか?
これはヒラムシの仲間です。ヒラムシの中には、ウミウシに酷似したものがあるのですが、
陸上で言うと、ナメクジとコウガイビルくらいに違う生き物です。
カイメン食のウミウシは、体内に毒成分を蓄えているので、
毒のある生き物に姿を真似ることで、身を守っているのかもしれません。

IMG_0598_convert_20110716221711.jpg

旅を終えて最後に、足元の小さな石の下に脚が見えたので、
ひっくり返すと、たくさんのニホンクモヒトデ!
クモヒトデ、ずっと会いたいと思っていたのです。
一応断っておきますけど、わたし、普段は、こういうことはあんまりしません。
石を動かしたりすると、そこに人為的なギャップが生じることになるので、
極力、環境を変えないように気をつけているつもりです。

岩陰だけでなく、石の下にも動物たちの楽園がありました。
次は、そういう場所を巡る旅に出掛けるのもいいかもしれません。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/88-738303e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。