上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風が近付いているので、どこもうねりが強くなっています。
でもこの台風、残念ながら、前評判ほど佐渡には近付かないようです。
まだ、ガラモ場の残骸が残っているところが多いので、
ひと荒れして、一掃されるのを期待してたんです。

それに何より、雨が欲しい気分。
植物にとって、雨水は特別な効用があるみたい。
畑で伸び悩んでいる大好物の空芯菜やビートに、
そろそろ恵みの雨がほしいところです。

2011年 7月18日 11:00 多田海水浴場 28.9℃

IMG_0727_convert_20110718163753.jpg

アマモ場では、時期を過ぎた生殖枝がまだたくさん残っています。
白っぽく見えているのがそうです。例年なら梅雨のうちに流失するのですが、
今年は梅雨が短かったので、かなりの量が残っています。
彼らも台風を待っているのかな。
このまま残っても、深刻な悪影響などはないと思います。

IMG_0729_convert_20110719080816.jpg

群落のへりに、アマモの枯葉がたまっていることがあります。
これは、ゴカイなどによって分解され、アマモ場の養分として循環します。

IMG_0737_convert_20110718164302.jpg

群落の中の空き地に、コアマモの小さな群落がありました。
この海水浴場では、コアマモはあちこちに生えるのですが、安定的でなく、
大きな時化が来るたびに、砂に埋もれたり、根こそぎはがされたりして、
生じては消え、を繰り返しているようです。
ここは、決して波当たりの強い場所ではないのですが、
もう少し閉鎖的で穏やかな海が好適地なのでしょう。
加茂湖にはたくさん生えています。

IMG_0731_convert_20110718163911.jpg

テトラまわりはガラモ場がなくなり、すっきりしました。
コンクリの表面がむき出しで、ずいぶん殺風景な感じがします。
サンゴ藻や無脊椎動物に、隙間なく覆われている二見のテトラ周りとは大違いです。

IMG_0735_convert_20110718164053.jpg

これはテトラの外側。水面に近いところはサンゴ藻が付着してピンク色です。
下のほうで、あばたのように見えるのは大きな岩ガキです。
他には目立った生き物の付着はありません。

IMG_0744_convert_20110719083201.jpg

海岸に入っている岩や石の表面には、もっと多くの生き物を見ることが出来ます。
パッとしない風景に見えるのは、全体がかなりの砂を被っているからです。
こういう環境は、必ずしも好都合ではないはずですが、
生き物たちはしぶとくたくましく生きているようです。

IMG_0739_convert_20110718164458.jpg

黄色いイソギンチャクはムツサンゴです。
サンゴと名がついているからにはサンゴです。
(サンゴ藻は違います。海藻です)
そもそも、サンゴとイソギンチャクは、とても近い種類です。
専門家ではないので、はっきりしないのですが、
キョウという骨格があるものをサンゴとして扱うようです。

ムツサンゴは、外洋に面した海の、岩陰でよく見かけます。
多田はとても多いところだと思います。
いわゆるサンゴのイメージとは程遠い生き物ですが、
色とりどりのサンゴ藻や、カイメンや、ヒラワツナギソウと入り乱れて触手を広げている姿は
これはこれでけっこう素敵な眺めです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/90-dbcd6e41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。