上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生まれいずる悩み ④

2012年 7月 6日 14:30 多田海水浴場 22.3℃

青葉目に染みる峠越え道を走っていると、谷あいのほうから、
甘ったるい、夏の雨の匂いが薫るときがあるのです。
一体何の花かしら。慌ててあたりを見回してみても、それらしい梢は見えなくて、
どこまでもどこまでも折り重なるような新緑。
マタタビじゃないかと見当をつけてますけど、
花にも雨の気配が潜んでいるのは不思議。

IMG_3610_convert_20120712122324.jpg

黄色くなっていた卵嚢は、とうとう茶色くなってしまいました。
まだ、塊はあるようですけど、中が濁っていて、はっきりとは見えません。
細かい卵がいくつも詰まっていた、透明な卵嚢の内部では、
内容物が、白→黄色→褐色と徐々に変化してゆくようです。
また、ひとつの卵嚢の中でも、卵の成長具合は一様でなく、
外側のものが先に白くなっているのがわかります。
この先、どんなふうに生まれてくるのかしら。

IMG_3611_convert_20120712122446.jpg

産卵が続いていた岩のほうにも、バイはほとんど残っていません。
卵嚢に覆われているのは、やはり波当たりから陰になる面だけです。

IMG_3613_convert_20120712122555.jpg

この岩を見つめ始めたときから、気付いていたんですけど、
ずうっと住んでいるらしい暗黒星雲のヒラムシ
一般にヒラムシは、見た目に似合わず、獰猛な肉食性なんですけど、
バイの卵には興味はないみたい。


2012年 7月 7日 10:00 多田海水浴場 22.4℃

ついに、すべての岩肌からバイの姿がなくなりました。
これが本来の砂浜の姿なのに、急に静けさが戻って、少し寂しい心地もします。

IMG_3624_convert_20120712144640.jpg

茶色くなっていた卵嚢は、今日は透き通っていました。
どうやら中身が出てしまったようです。

IMG_3628_convert_20120712144738.jpg

雨の日も風の日も通い続けました。
生き物に溢れたこの場所では、いつも何かしらの出会いがありましたけど、
今日はミズクラゲすらほとんど見当たりません。
アマモ場のへりに身をひそめていた、大きなエイが、あわてて逃げていっただけでした。

一旦は回復した透明度も、また、下がってきています。
川水を養分に、プランクトンが殖えているのでしょう。
海の透明度というのは、非常に短期的に変化するらしいことがうかがえます。

IMG_3636_convert_20120712181259.jpg

波に揺られるまま、砂底に沈んで息絶えているアメフラシを、
このところよく見かけます。
ついひと月前まで、日がな一日海藻を食み、
それこそ牛のように、丸々と肥え太っていたのに、
産卵という大事業を終えて、命を終えるものも少なくないようです。

バイの寿命は数年と言われます。産卵後も生き続けると思われますが、
ひと夏の大産卵が、命がけの大冒険であったことに、変わりはないでしょう。

なんのための命だったか、何のための熱狂だったかは、
非常にはっきりしています。
この2週間あまりのうちに、わたしが圧倒されたのは、
繁殖という、ただひとつの目的に向かって、
まっしぐらに行進を続ける命たちのひたむきな熱情でした。

その嵐の日々が去ったあとに、ぽっかりと空いた心の穴の底で、
波に揺られて千切れていく。アメフラシの柔らかな死肉。
太陽がくれた季節、命の華やぎのかたわらには、
優しい慰めのように、死の静寂が寄り添っています。

生まれいずる悩み ③

2012年 7月 5日 12:30 多田海水浴場 22.2℃

ゆうべ、しっかり雨がふったせいか、今日はすっきりと濁りが取れて、
透明度が上がっています。

IMG_3552_convert_20120712121547.jpg

この写真だとわかりにくいのですけど、黄色くなった卵嚢の中の、
白い塊の表面に、茶色の細かい斑点が浮かび上がっています。
昨日までは、肉眼では確認できないものでした。
袋の中は一体全体、どういうことになっているのかしら。

IMG_3550_convert_20120712121314.jpg

最初の岩は、全体として、
白く成長した卵が目立つようになってきています。

IMG_3577_convert_20120712121651.jpg

これは、近くの別の岩で、昨日、1匹のバイが産卵していた場所です。
すでにバイの姿はなく、海藻の根元に数十個の卵嚢がまとわりついています。

IMG_3593_convert_20120712121818.jpg

海水浴場の左側の岸近くで、1匹だけバイがよじ登っていた岩にも、産卵の痕跡がありました。
ひとところに、かためて産み付けられた卵嚢は、30個ほど。
これらのことから、1匹あたりの産卵は1日程度しか続かず、
1回に産む卵嚢の数も数十個にとどまるらしいと推察されます。

移動して、何ヶ所かに分けて産み付ける可能性も考えられますが、
大多数が、いくつかの岩に集中的に産卵していることを考えると、
このような分散の利点は少ないのではないかと思います。
1匹が1回ずつ、数十個程度の卵嚢を産むとすると、
1週間以上続いた、最初の岩での大産卵には、入れ替わり立ち代りして、
100匹以上~数百匹が関わっている計算になります。

佐渡ではあまり知られていないバイですが、越後では水産資源として活用されています。
新潟県水産海洋研究所の調査(2006)によれば、バイの移動性は低く、
例えばある漁港内に定着すると、その内部で生活史を完結するらしいことが示唆されています。
これほど膨大な数のバイを、地元の人たちしか利用しない、何の変哲もない海水浴場が、
ひょうひょうとして養っているのには、
ただただ驚かされ、海に対する敬謙な心持ちを新たにさせられます。

IMG_3551_convert_20120712121429.jpg

これがわたしのイコン、神の風景です。

生まれいずる悩み ①
生まれいずる悩み ②

2012年 7月 4日 14:00 多田海水浴場 22.8℃

海に入ろうと思って砂浜を歩いていると、
波打ち際で明らかに不審な動きをする生物が。

IMG_3521_convert_20120712115117.jpg

何もしてないんですけど、影がさした瞬間、くるっと身を丸めてまん丸な姿に。
これ、加茂湖でも時々見かける、ハマダンゴムシじゃないかと思います。
常時水の中に住んでいるのかと思ったら、水陸両用なんですね。
その名の通り、完全にダンゴムシの動きです。

IMG_3531_convert_20120712120414.jpg

最初の岩に産み付けられた卵のうち、成長の進んでいるものは、
どんどん黄味が強くなってきています。
微細な茶色の粒々だったものが、ぼわっと白く膨らんで、
一見すると、全部が癒着して、ひとつの塊になったみたい。
大きな卵が黄色い液体の中に浮かんでいるように見えます。

IMG_3525_convert_20120712120143.jpg

別の岩では産卵が続いています。
せっかくの機会ですから、産卵について、もう少し詳しく観察してみましょう。

IMG_3526_convert_20120712120257.jpg

マーキングまではしなかったんですけど、
1匹だけはぐれて上の方で産卵している、このバイに注目してみたいと思います。
1匹の産卵がどれくらいの期間続くのか、どれくらいの数の卵嚢を生むのか、
わかるかもしれません。

バイの大産卵が行われているのは、海水浴場の左側の潮通しのいい浅瀬です。
海水浴場の右手にはもっとたくさんの岩が入っていて、転石海岸に続いているのですが、
こちら側には、バイの姿はほとんど見当たりません。
水深は同じくらいなのですが、岸辺や、淡水流入口に近いこと、
潮通しの点でいくらか問題があるのかもしれません。

IMG_3540_convert_20120712120615.jpg

ほとんど、と書いたのは、全然いないわけではないからです。
数匹が砂の上を這っていました。その目指す先には、1匹のバイが張り付いています。

2012年 7月 3日 13:00 多田海水浴場 20.7℃

IMG_3297_convert_20120709230935.jpg

梅雨らしい、ぱっとしない曇り空ですが、波はなく穏やかな海です。
バイの卵は、昨日から大きな変化はありません。
多少、黄色いものが増えたかな、というくらいです。

IMG_3300_convert_20120709231544.jpg

産卵中の岩のバイの数もほとんど変わりません。
ところで、これらの岩のまわりの波紋に注目してみると、どの岩でも、
波当たりの強い外側を避けて、
岸側の岩陰に産卵が行われているのがわかります。

IMG_3296_convert_20120709230221.jpg

昨年の莚場での産卵は、水深2m付近で行われたため、
さほど強い波当たりはなく、岩の表面全体に卵嚢が産み付けられていました。
わずか0.5mほどの水深しかない多田海水浴場の産卵場では、
バイたちは潮のうねりを避けて、特定の面にだけに産卵を行っているようです。

IMG_3316_convert_20120709232003.jpg

アマモ群落の上方を泳いでいくと、中央付近に向かって、
どんどんミズクラゲの数が増えていきます。

IMG_3356_convert_20120710000350.jpg

薄暗い彼方に、ミズクラゲの小銀河が浮かび上がりました。
普段ミズクラゲは、潮の流れに流されるままに暮らしていますが、
これは、交接のために、自分たちの意思で集まっている『集群現象』だろうと思います。
以前加茂湖でもみたことがあります。

IMG_3319_convert_20120709232200.jpg

潮流によって、ひとところにある程度の数が吹き集められたうえに、
クラゲの遊泳能力を邪魔しないほど波が穏やかである、
というような条件が重なるときに起きるようです。

IMG_3320_convert_20120709232558.jpg

それにしてもすごい数!!
中心は、向こう側が見えないくらい大量のミズクラゲで込み合っています。
驚いたことに、小銀河は2つ出来ていました。
バイたちの大産卵の傍らで、もうひとつの物語が繰り広げられていたのです。
クラゲは眼の良い生き物として知られますが、集群のさいには、
ミズクラゲは音を使って連絡を取り合っているのではないか、とも考えられています。

IMG_3313_convert_20120709231846.jpg

ミズクラゲに、数匹のアカクラゲが混ざり込んでいました。
これはいつものことなのですが、今日は、
お椀の周りや触手の間に、小魚が群れ泳いでいます。

IMG_3364_convert_20120710001558.jpg

カサだけになって命からがら、といったような個体には見受けられず、
小さくても触手が長く伸びた、元気そうなアカクラゲにまとわりついていました。
か弱い小魚にとって、クラゲの触手の間は、天敵から身を守る、素晴らしい移動式シェルターです。
それに、どうやら、クラゲの生殖腺のあたりをかじって、食料にもしているらしいのです。
なかなかちゃっかりしていますね。

IMG_3354_convert_20120709233520.jpg

ツノクラゲのいかだにも、小さな住人が隠れていました。
ツノクラゲは、クシ板と呼ばれる毛を虹色にをきらめかせながら泳ぐ、
毒のない柔らかいクシクラゲの1種です。
クラゲには、様々な節足動物などが寄生することが知られていますが、
実際に見たのは初めてです。

IMG_3347_convert_20120709233147.jpg

これはエビのようですね。
白くて、所々に赤が散りばめられていて、ガラス細工みたい。
ちっちゃい!
流されないように、ツノクラゲの翼の内側に、必死にしがみついていました。

今日は、とても素敵な出会いがありました。
山越えの道を車で走っていると、前方を、キジの親子が横切ったのです。
まるでカルガモの親子のように、ゆっくりと歩く母親の後ろを、
数羽の小さなヒナが、よちよちと懸命に追いかけて行きました。
突然のことでカメラが手元になく、写真をお見せできなくて、ごめんなさい。

大・産・卵! ⑦

2012年 7月 1日 11:30 多田海水浴場 22.0℃ 

小雨がぱらついています。
ついに、最初の岩には、バイの姿は見られなくなりました。

IMG_3256_convert_20120707223624.jpg

静かな、静かな産卵場。
数日前のにぎわいが嘘のようです。
華やかな喧騒が去ったあとの静寂の中で、
びっしりと産み付けられた卵嚢は、ほの白く光って見えていました。

IMG_3253_convert_20120707223446.jpg

最初に産み付けられたものでしょうか、
一部の卵は、白く大きくなっているようです。
思えば最初の産卵から、すでに10日が経過しているのですから、
ふ化に向けて、卵も成長しているのは当然かもしれません。

この日の夜、久々に、まとまった雨が降りました。
いつもは憂鬱な雨ですけど、日照りに疲れた木や草や海までもが、
ほう、っと安堵のため息を漏らすのが、
雨音の彼方に聞こえるような、そんな心地よい夜でした。


2012年 7月 2日 12:00 多田海水浴場 21.4℃

雨と風で、いくらか濁りがとれるかと思ったのですが、
期待したほど透明度は回復していません。
いくつかの岩に分散していたバイは、再びひとつの岩に収束したようです。

IMG_3276_convert_20120707224233.jpg

多数の卵嚢が付着しているのは、現在進行中のこの岩を含めて3つです。
うち2つはすでに産卵が終わっています。

IMG_3277_convert_20120707224627.jpg

産卵場へ向かう1匹のバイの後ろから、もう1匹のバイが、
痕跡を忠実になぞりながら追いかけていきます。
ニオイで伴侶を探すという見立ては、あながち間違いでもなさそう。

IMG_3270_convert_20120707223750.jpg

この最初の岩が使われることはないようですね。
卵嚢のうち、白く膨張していたものの一部は、
今度は黄色く変色しています。

IMG_3271_convert_20120707224057.jpg

着々と成長しているみたい。
小さすぎて、肉眼でははっきりわからないのが残念。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。